新興タオル

音声案内

「感動」届けるタオル


1971年(昭和46年)大阪泉州で創業した新興タオル株式会社。

大阪南部に位置する泉州地域は、温暖な気候と和泉山脈水系の良質で豊富な地下水を有する環境で、タオルの一大産地として発展してきました。

明治20年から続く伝統職人技術による後晒し製法で「泉州タオル」を作り続けています。

他では味わえない新しい感覚を届ける新興タオルのタオルは肌に触れた瞬間、

吸い付くようにスッと吸水、吸水してもサラッとした肌触りです。

この抜群の使い心地はニット用に開発された糸「オフセットヤーン」という糸によって生まれます。

抜群の吸水性や柔らかさ、独自の良い風合いを持つ「オフセットヤーン」。

その反面、通常の糸に比べて強度が弱く、湿気・天候にまで左右されるほど取扱いが非常に難しいため、

タオルづくりのすべての工程で職人の技を合わせる必要があり、協業先との製品開発は試行錯誤の連続でした。

また、技術だけでなく、素材も天然にこだわり、全世界で栽培される綿花の1%以下しかない最高級ランクの、上質で希少な超長綿「スーピマ綿」を使用。

製造工程でも化学薬品を極力使わず、糊付けには食用の糊を使用するなど、人にも環境にも安心・ 安全にこだわって製品づくりをしています。

自分たちの使いたいものであること

毎日使って ‘いいもの’ と感じられるものであること

ずっと永く使っていきたいと思えるものであること

つくる人たちの想いがこもったものであること

この感覚を大切な人に贈りたいという気持ちが湧くものであること

同じ感覚を感じてくれるひとたちに届けたい。それが、私たちShinko towel の ‘ものづくり’ です。

"JAPAN MADE"のクラフトマンシップ


柔らかく「ねじれない糸」の製造元、綾部紡績株式会社は通常、糸というのは編めばねじれますが、

糸の内側と外側で撚り(より)、トルクを相殺し、右と左の絶妙の撚りバランスで“ねじれない糸”『オフセットヤーン』を開発しました。

パイルがねじれにくくなることからロングパイルにもでき、やわらかいタオルの製造を可能にしました。

左右の糸の撚りで繊維間を作ることで、吸水性・保水力も高い糸となっています。

製品によって糸の太さを変える当社の要望を、高い技術で叶えてくれています。

「オフセットヤーン」の製品化に、最も重要な工程であるサイジング。

そのサイジングを担当するのは光サイジング株式会社。

糊付けで糸の強度をつくるだけでなく、紡績された織り糸を、本数・織幅を合わせてシート状にする整経(せいけい)の工程も担います。

安心安全な食用糊を使い、強度の弱いオフセットヤーンを糊付けする作業は、通常の糊付け作業の何倍もの時間がかかります。

季節や天候、温度・湿度によって変わる繊細な作業を、職人が手加減で日々の変化に対応。

当社タオルの風合いを実現するには、この高度な職人技なしではありえません。

織りあがったタオルの晒・染工程は甚野染工株式会社が担当します。

泉州タオルの特長でもある、後晒製法。和泉山脈の良質で豊富な地下水をたっぷり使い、ノリやロウなどの不純物を洗い流します。

「オフセットヤーン」製のタオルは吸水性が良く、湿気までも吸ってしまうため、うまく取り扱わないと柔らかい風合いが出せません。

通常の作業工程では不可能なため、工程の改良を重ね、作業枚数も減らして手をかけることで、当社のタオルの特長を最大限に引き出してくれています。

こうして新興タオルのタオルは最高級の使い心地と誰でも使える安心な製品へと仕上がります。

日常で使うものだからこそ、素材や心地よさにこだわりたい。

毎日のお手入れも、すこしこだわることでもっと愛着が湧き、ずっと使いたくなる。

そんなタオルを是非使ってみてはいかがでしょうか。