清峰堂 | 九谷焼と江戸硝子を融合させた現代の生活様式に適用したグラス

九谷焼と江戸硝子のコラボレーション

清峰堂は昭和39(1964)年に創業し、美術工芸品・九谷焼のインテリア商品を中心に製造販売を行っています。九谷和グラスは「和洋空間の自然調和」をコンセプトとして、九谷焼と江戸硝子をはじめとする国内生産の手づくりの吹き硝子を融合させてできたグラスです。

一大産地で全くの新商品を世に出すことは難しい、しかし1つの異素材を加えることで、可能性が広がります。そうして生まれたのが九谷和グラスです。「生活に溶け込む九谷焼」をモットーに、日々使って楽しむ商品づくりに挑戦していきます。

九谷和グラス 清峰堂

九谷焼と江戸硝子のコラボレーション

清峰堂は昭和39(1964)年に創業し、美術工芸品・九谷焼のインテリア商品を中心に製造販売を行っています。九谷和グラスは「和洋空間の自然調和」をコンセプトとして、九谷焼と江戸硝子をはじめとする国内生産の手づくりの吹き硝子を融合させてできたグラスです。

一大産地で全くの新商品を世に出すことは難しい、しかし1つの異素材を加えることで、可能性が広がります。そうして生まれたのが九谷和グラスです。「生活に溶け込む九谷焼」をモットーに、日々使って楽しむ商品づくりに挑戦していきます。

工房巡りエピソード

塚原 大
塚原 大
「太く短いお付き合いより、細く長いお付き合いを。」とお話しされる清水社長は、産地の持続可能性も考慮した生産を心がけられています。九谷和グラスでは、九谷焼と江戸硝子の産地をまたいだ伝統工芸のコラボレーションによる共作を実現されています。
You've just added this product to the cart: