坂本商店

兼備する技術
輝く姫路黒桟革


「革の黒ダイヤ」と呼ばれ、美しさが際立つ黒桟革。

坂本商店が手掛ける姫路黒桟革は日本古来の伝統技法である『なめしの技術』と『漆塗りの技術』を融合し制作されています。

なめしから加工まで職人が一貫して創る革の表情はまさに芸術品のよう。

私たち坂本商店は『THE日本の革』というコンセプトで、革および革製品の新たな可能性を探っていきたいと考えます。

丹念に制作された天然皮革


黒桟革は現在、武道具に使われ、戦国時代には大将クラスの甲冑に使われていたと言われています。

坂本商店ではそんな優美な革にすべく職人が丁寧になめし、時間をかけて下地革を作ります。

作られた革のシボの表情には型押し・極上黒桟(手もみ)・『極KIWAMI』の三つがあり、それぞれの表情に合わせ漆を施します。

乾燥と塗りを繰り返し、完成した黒桟革は光沢と重みを纏った逸品に。

数々の実績について


1923年に創業された坂本商店は、日本から世界へ発信できるブランドに成長できるよう尽力し、市場で評価され欲しいと思ってもらえる、そんな『姫路黒桟』ブランドを構築したいという想いで進んできました。

同社が創る黒桟革は世界的に高く評価され、2014年に香港で行われたAPLFのMM&T展では、日本人初となるベストニューレザー部門の大賞を受賞。また二年後の2016年にはパリのファッション見本市で行われたPVアワードのレザー部門で手触りと風合いが評価されるハンドル賞を受賞しました。

日本国内でも評価は高く、2018年のひょうごニューレザーコンテストでは経済産業省製造産業局長賞&日本エコレザー賞を受賞しました。