守田漆器

伝統継ぎ、創造する


石川県加賀市の山中温泉にて、明治42年創業した高級茶道具から日常漆器まで取り扱う漆器屋、守田漆器。

山中漆器の伝統を創造し続ける先駆者として日本の文化を世界に届けます。

山中漆器の起源は天正年間(1573~1592年)。

豊富な木材資源を求めて山中温泉の上流にある真砂集落に移住した木地師により始まり、轆轤挽の日常雑器は湯治客の土産物として人気を集め、江戸時代にはさらに高度な挽物技術や塗りの技術を積極的に導入しました。

山中塗は雅趣と実用を兼ね、特に轆轤による木地挽は山中ならではの卓越した技があります。

また、現代の暮らしやスタイルに合うように商品開発を重ねる努力をしています。

本物の温かさに触れて伝統工芸の良さを味わうとともに、現代生活に新たな楽しさ、豊かさを見出してください。

私達が製造する商品を通し多様で豊かなライフスタイルの実現をお手伝いすることをビジョンに当社はこれからの漆器の伝統を創造し当社のものづくりを継続していくことを心がけます。

一人の漆塗り職人によって始まり一世紀以上続く当社のものづくりは、人が自然を活かし、ゆったりつくるものは、大らかで優しい人を育てるとの考えに基づいています。

漆の使用の歴史は9000年以上とも言われる日本。

私たちが作る日本の漆器は国内外で美的、文化的な影響を多くの人に与えながら人から人へ継承され、今日も進化し続けていきます。

ぬくもり宿す
「漆塗り」プロダクト


山中漆器を伝統的な商品を中心にろくろ挽き、塗り、蒔絵のワザを活かして製造しています。

漆器産地「山中」の主たる技術が精度の高いろくろ挽きされた木地、それの精度を落とさず、良さを引き出すように塗り上げる事。

そして、煌びやかな蒔絵などの多彩な加飾技術。

それらの技術が積み重ねられて、日々変わる現代のニーズと作り手の技術・思いの接点を形にし、今まで山中で培われてきた高い技術は継承されてゆく。

使うほどに色艶が深まり、漆の柔らかな光沢や温かな手触りが魅力をぜひ感じてみてください。

今もこれからも伝統と革新の融合を目指し、漆器で培った専門知識と職人技を駆使した質の高い商品の開発と製造を通し顧客の問題を解決し、山中漆器の伝統技術を後世に残せるように人材の育成も行う守田漆器。

人から人へと受け継がれてきた職人技を通じて、使い手へ届けられる。

生きた自然素材の漆を使うものは、時と共に変化し味わいを増してゆく。

伝統にとどまるだけはなく、時代を経て匠の技を磨き続ける山中漆器。

それは世界に誇る「日本の工芸」そのものです。