ミカイバンブー

竹の作る愉快な世界


竹細工とかかわる日々をつれづれに。

日本一の竹の産地である大分県の北部に位置する国東半島内 “豊後高田市”。

日本の伝統工芸である別府竹細工の技術をアクセサリーに落とし込んだミカヰバンブーは豊後高田市に工房をかまえ、太古の自然が残る国東半島の竹をつかい指先をうごかし、創作をつづけます。

竹林に入ればそこはまるで神々のすみかそこでの呼吸一つ感覚一つが作品をかたちづくっていきます。この地から日本全国そして世界へ。竹の可能性は無限に広がります。

今日の別府竹細工は高度な技術の蓄積と資源の有効活用や伝統技術の保護・育成事業に取り組みつつ、竹工芸の歴史を刻み続けている産地別府が作り上げた結晶です。

ミカイバンブーはこの別府竹細工を基本に「竹」のもつ面白さや新しい用法、楽しみ方を提案していきます。

豊後高田の竹は質が良く、日本の伝統美を誇る京都などにも出荷されているほどです。

自ら山へ行き、自分の目で選び抜いた竹を切り出すところからはじめます。

毎年9月から12月の間に一年分の竹を採り、一本一本丁寧に薄く細い「竹ひご」にし、「ひごとり」をすることで竹に命をこめ、可能性を授けます。

竹そのものに柔軟性があることや、薄くしていくことで弾力性としなやかさが出てくる竹の魅力を最大限に引き出すのです。

世界へ届ける「MIKAI BAMBOO」


古来から生育し、見た目の美しさと機能性を兼ね備えた日本の竹。

MIKAI BAMBOOは名前の通り、竹の「未開」の世界を開いていく、そんな世界に挑む気持ちが溢れる作品たちを多く揃えます。

一つ一つ手作業で作品に命を灯し、竹の放つ美しさを更に世界へと届けます。

大分が誇る伝統的工芸品である竹細工、MIKAI BAMBOOの新たな価値と可能性を感じてみてはいかがでしょうか。