KISSAKO | 漆器ならではの口当たりとさりげない高級感を感じるお箸

暮らしの中に漆でほっと一息

KISSAKOは楽にして、お茶を一杯召し上がれという意味の禅語である「喫茶去(きっさこ)」が表す「余裕」を日々の暮らしの中に作り出したい。この思いから、漆器ブランドの KISSAKO は生まれました。毎日訪れる食事の時間をできるだけ楽しく彩り、お箸を大切にすることによって感じる「ほっこり」した気持ちを届けたい、その想いでこの時代にあった色箸を作ります。

KISSAKOの作家、間瀬春日さんは工芸業界ではまだまだ珍しい女性作家です。漆器をより身近に、女性ならではの視点を生かした色箸は可愛らしいものが多く誰もが愛せる仕上がりに。なんでも選べる現代で、あえて一生かけて手仕事を身につける、そんな思いの詰まるプロダクトを展開しています。

 KISSAKO(キッサコ)

暮らしの中に漆でほっと一息

KISSAKOは楽にして、お茶を一杯召し上がれという意味の禅語である「喫茶去(きっさこ)」が表す「余裕」を日々の暮らしの中に作り出したい。この思いから、漆器ブランドの KISSAKO は生まれました。毎日訪れる食事の時間をできるだけ楽しく彩り、お箸を大切にすることによって感じる「ほっこり」した気持ちを届けたい、その想いでこの時代にあった色箸を作ります。

KISSAKOの作家、間瀬春日さんは工芸業界ではまだまだ珍しい女性作家です。漆器をより身近に、女性ならではの視点を生かした色箸は可愛らしいものが多く誰もが愛せる仕上がりに。なんでも選べる現代で、あえて一生かけて手仕事を身につける、そんな思いの詰まるプロダクトを展開しています。

工房巡りエピソード

塚原 大
塚原 大
展示会で「浮いてるみたいやん」とツッコまれてしまうほど軽くて持ちやすいお箸です。“育てる”という言葉がまさに合う、使用と共に経年美化が楽しめるお箸です。
You've just added this product to the cart: