HAZE

同じ火には二度と会えない


いずれ無くなる「はかなさ」が美しい
和ろうそくの灯火の美しさは、桜同様その儚さや潔さにあります。

儚さ潔さに美を見出すからこそ、人は感動する。

感動は心に余裕を作り、余裕が心の豊かさを生み出してくれます。

いずれ無くなるという不確かな“あってないようなもの”

を大切にしたい思いから「あってないようなもの」=HAZE(ヘイズ:訳 もや、霞)

と櫨(ハゼ)をかけてHAZE (ヘイズ)というブランド名が生まれました。

1本1本へのこだわり


日本古来の技法「手掛け製法」で和ろうそくの創作を行う。

木の実が原料の櫨蝋100%で作るHAZEの和ろうそくは、力強い灯火でススが少ない。

櫨蝋(福岡県、長崎県)、灯芯(奈良県)、蝋燭の三つの分業から成り立つ和ろうそく。

日本の分業というスタイルを尊重しながら現代の和ろうそくと新たな価値の創造を行う。

古来からの伝統を


現代へ


日本古来の技法「手掛け製法」で塗り重ねて作る昔ながらの方法で

1本1本全ての工程を手作業で行います。

手で塗り重ねた和ろうそくの表面には手の跡が残り、断面は年輪模様に仕上がります。

 古来より変わらず三つの分業から成り立つ和ろうそく。

その分業というスタイルを尊重しながら

形にとらわれず現代の和ろうそくと新たな価値の創造を行い日本全国に広めて行く。

ろうそくを文化に


私達は和ろうそくを一つの文化にする為、食事の際や、どんな人にでも使っていただけるような工夫をしています。

和ろうそくは灯した時に芯がろうを吸い上げながら灯り続けるため、下にろうが垂れることがありません。

また、ススが少なく、嫌な臭いもしないろうそくです。

注:風に煽られるなどして片燃えすると垂れる場合があります。