harukami | 日々の暮らしの中に溶け込む越前和紙プロダクト

日々の暮らしの中に溶け込む越前和紙プロダクト

harukamiは、やなせ和紙の代表する製品シリーズ。やなせ和紙は1500年の歴史を誇る越前和紙の産地、五箇の町で手漉き和紙を作り続けています。「harukami」製品化へのきっかけは、設立以来メインに製造してきたふすま紙の需要減少を受けて参加した、海外向け商品開発のコンペでした。「生活様式が変わっていく中で襖紙以外の商品の開発も必要になってきましたので、チャレンジをしました」と代表の柳瀬さんは語ります。

デザイナーの松山祥樹さんと共同でつくりあげた「harukami」は和紙の可能性を広げ、どんなシーンにも自然体に馴染むプロダクトです。やなせ和紙はこれからも伝統を絶やさず、手漉き和紙の可能性を探り続ける。

harukami

日々の暮らしの中に溶け込む
越前和紙プロダクト

harukamiは、やなせ和紙の代表する製品シリーズ。やなせ和紙は1500年の歴史を誇る越前和紙の産地、五箇の町で手漉き和紙を作り続けています。「harukami」製品化へのきっかけは、設立以来メインに製造してきたふすま紙の需要減少を受けて参加した、海外向け商品開発のコンペでした。「生活様式が変わっていく中で襖紙以外の商品の開発も必要になってきましたので、チャレンジをしました」と代表の柳瀬さんは語ります。

デザイナーの松山祥樹さんと共同でつくりあげた「harukami」は和紙の可能性を広げ、どんなシーンにも自然体に馴染むプロダクトです。やなせ和紙はこれからも伝統を絶やさず、手漉き和紙の可能性を探り続ける。

工房巡りエピソード

塚原 大
塚原 大
越前で和紙を製造される柳瀬さんに工房と製作工程を教えて頂きました。頂いた名刺が和紙で感動しつつ、手漉きの和紙を作る工程をみて追い感動を頂きました。暖かく穏やかなお人柄の柳瀬さんが滲み出たような和紙製品はまさに、美しい佇まいながらも人間味溢れた製品です。
You've just added this product to the cart: