銅おろし金 こだわり

食材の繊維を壊さない鋭い目

勅使川原さんのおろし金は全て手作業で行なっており、機械では成せない目の高さと鋭さが特徴です。鋭い目は食材の繊維だけを切り、余分な組織を壊さないためふわふわで口当たりの良い仕上がりになります。人の手で立てた目は不均一に並ぶため目詰まりが起こりにくく、さらりとおろすことができます。

食材の繊維を壊さない鋭い目

勅使川原さんのおろし金は全て手作業で行なっており、機械では成せない目の高さと鋭さが特徴です。鋭い目は食材の繊維だけを切り、余分な組織を壊さないためふわふわで口当たりの良い仕上がりになります。人の手で立てた目は不均一に並ぶため目詰まりが起こりにくく、さらりとおろすことができます。

変色と錆を防ぐ錫引き

銅の表面には酸化を抑えるため、錫を引いています。一つ一つ丁寧に熱しながら錫引きをすることで変色を防いで、耐久性の高いおろし金ができます。酸化に強くなるので食材の味を変えず素材そのものの良さを味わえます。

変色と錆を防ぐ錫引き

銅の表面には酸化を抑えるため、錫を引いています。一つ一つ丁寧に熱しながら錫引きをすることで変色を防いで、耐久性の高いおろし金ができます。酸化に強くなるので食材の味を変えず素材そのものの良さを味わえます。

手作業だから長く使える

もし、刃が摩耗しても目立て直し(修理)が可能です。目立て直しは全部目をつぶしてから再び錫を塗り、新しい目を立ててくれます。目立てを行う際、目と目の間を微妙な差をつけて空けているため、その場所に目を立て直すことができます。機械ではなく、手作業だからこそ一生かけて使えるおろし金が生まれるのです。

手作業だから長く使える

もし、刃が摩耗しても目立て直し(修理)が可能です。目立て直しは全部目をつぶしてから再び錫を塗り、新しい目を立ててくれます。目立てを行う際、目と目の間を微妙な差をつけて空けているため、その場所に目を立て直すことができます。機械ではなく、手作業だからこそ一生かけて使えるおろし金が生まれるのです。