AY

音声案内

"文化を織りなおす"


Ay(アイ)は
「文化を織りなおす」をコンセプトに、

紡がれた文化をほぐし、向き合い、

新しい価値を添えて発信するカルチャーブランドです。

織りな「お」す。

それは、今あるものを活かしながら、

新たな価値を添えること。

職人、技術、地域、糸、織機、染料、分業制…

それぞれに向き合うと、見えてくる未来があります。

これまで大切に紡がれてきたけれど、

市場の縮小で流通が少なくなってしまった伝統工業品。

職人の高齢化で衰退をせざるを得ない伝統技術。

ものはあるけれど生産できない文化、

衰退せざるをえない状況に置かれた文化が国内外に存在しています。

文化を見つめながら、それがなぜ長く愛され評価されてきたのかを再考する私たちの姿勢を「織りなおす」という言葉で表現しました。

世界に通用する日本文化ブランドを


群馬県伊勢崎市が誇る銘仙。

その歴史や地域性とともに、新たな文化のかたちを提案します。

国内を見渡してみると、衰退傾向の伝統産業はたくさんあります。

一方、海外を見ると日本文化は高く評価され

国際的なブランドも日本文化の要素や技術を取り入れています。

そこで、地域から世界へ発信する日本文化ブランドをつくりたいと考えました。

銘仙(めいせん)とは


銘仙(めいせん)とは、明治後半から昭和にかけて日本全国に普及し、

一般女性のふだん着やおしゃれ着として愛された着物です。

銘仙の主な産地は北関東。

桐生、足利、秩父、八王子、そして伊勢崎。

奈良時代から養蚕が開始されたと言われる群馬県の「伊勢崎銘仙」は

中でも生産量が多く、

当時の日本全国10人に1人の女性たちが着ていたと言われるほどでした。

伊勢崎銘仙の魅力は、「併用絣」によって成される独特な模様と発色の良さです。

併用絣とは、たて糸に色柄をつけるだけではなく、

よこ糸にもつける(捺染)、

手ばた機でたてとよこの糸を1本1本併せて織る技法です。

たて糸、よこ糸ともに柄があるため、

柄を出すための高度な織り技術が必要でした。

しかし、かつて盛んに生産されていたという銘仙も、

現在は着物文化の縮小や後継者不足などを背景に

銘仙業界自体が落ち込んでいます。

①地域が文化の真の価値を理解し、

②プロダクト開発・生産を通した産地の復活、

③全国における文化の認知を広げていく

私たちはこの3つの循環を生むことで、銘仙を現代に紡ごうとしています。