旧アルチザン | 伝統着色技法と金属加工技術を独自の手法で融合させたステンレス製品

培われた伝統技術の新たな可能性


アルチザン

私たちの会社がある新潟県燕市は、江戸時代から続く金属加工の産地です。

「燕三条」の名前でも全国に知られる「ものづくりの町」。

主にステンレスの取り扱いに長けた金属加工会社・洋食器メーカーが軒を連ね、世界に誇れる逸品を日々製造しています。

アルチザン

私たちはその町で長く金属加工に関わってきた経験を生かし、

「金属製品の伝統的な技術を活かした美しく魅力溢れる食器や茶器を、もっと多くの方々に知っていただきたい」

そんな思いで製作を続けています。

伝統技術のコラボレーション
美しい色彩表現への挑戦


アルチザン

燕市の高品質な食器に、着色技術を合わせることができたなら…

そこで出会ったのが、高岡銅器の着色技術です。

その複雑さと奥深さに魅せられ、高岡銅器の伝統着色技法と燕の金属加工技術を独自の手法で融合させたブランド「折燕 ORI-EN」が生まれました。

アルチザン

追求し続けた色彩表現からは、その鮮やかさと金属特有の渋みが相まって、日本の伝統文化に通ずる「侘び寂び」を感じられます。

アルチザン

また、着色はすべて手作業で行われます。

溶液の垂れ具合や火入れの加減などにより、色の濃淡や模様の広がり方などは様々。

そんな世界でひとつだけの色味や柄を、楽しんでいただきたいと思っております。

受け継がれる職人技


アルチザン の商品は、色彩の魅力に加え、ステンレス素材が持ち合わせている、保冷・保温、錆びずに割れにくいといった性質で、利便性を高めています。

そこには、美術品のような美しさを秘めつつも、「日常使いしてほしい」という職人の想いが込められています。

アルチザン

ものづくりの町「燕市」に受け継がれる職人技が、今もなお、製品の細部にまで宿っています。

その技術力の高さは世界に認められており、「製造の精密さ」となによりも「手触りの良さ」は長く愛される最大の理由です。

アルチザン

You've just added this product to the cart: