屋久杉ボールペン泡こぶ こだわり

屋久杉から溢れる生命力

九州の南に位置する世界遺産「屋久島」

南の島でありながら雪も降り、日本全国の気候を持ち合わせた不思議な島です。

この島だけに生息する屋久杉は樹齢2000年を優に超える長寿の木。

花崗岩で栄養も少ない地で2000年以上も強く生き続ける屋久杉からは、環境にも負けない強い生命力を感じることができます。

当店が扱う屋久杉は、通常の柾目と言われる年輪ものだけでなく、世界自然遺産屋久杉の中でもかなりレアなものです。

また、屋久杉の柄がよく見えるように軸は大きめに作ってあります。

銘木の王者、屋久杉を直接手で感じて頂きたく、

美しさと書きやすさにこだわり、一本一本手作りしています。

泡こぶとは

1本1本柄がちがうのも屋久杉の特徴になります。

各杢目に特徴があり、その美しさや稀少性により珍らしがられ、高く評価されているものがあります。

その中でも極めつけがこの泡瘤(あわこぶ)です。

これは、丸太の一部が盛り上がり、大きなコブ状になったところから採れます。

断面は特異な珍しい紋様になっています。

この製品は、柄の面白さと、珍しく貴重であることから人気があり、普通の柄で出来たものと比べ数倍の価格がつくこともあります。