富士山グラス

富士山を形成する型吹き

江戸硝子は吹いたり、 押したり、延したりしていろいろなガラス器を手作業で形を作ります。富士山ロックグラスは型に入れながら吹いて成形する「型吹き」の技法で作られています。ほんの数十秒で仕上げないとくっきりとした形がでないためガラスと対話する高い技術力が必要です。

富士山を形成する型吹き

江戸硝子は吹いたり、 押したり、延したりしていろいろなガラス器を手作業で形を作ります。富士山ロックグラスは型に入れながら吹いて成形する「型吹き」の技法で作られています。ほんの数十秒で仕上げないとくっきりとした形がでないためガラスと対話する高い技術力が必要です。

手元で変化する富士山

宝永火口まで、富士山を360°限りなく再現された富士山ロックグラスはデザインだけではなくその設計にもこだわりがあります。赤ワインを入れると赤色、ウイスキーなら茶色と、飲み物の色が山肌に反射し、さまざまな富士山の表情を楽しみながらお使いいただけます。

手元で変化する富士山

宝永火口まで、富士山を360°限りなく再現された富士山ロックグラスはデザインだけではなくその設計にもこだわりがあります。赤ワインを入れると赤色、ウイスキーなら茶色と、飲み物の色が山肌に反射し、さまざまな富士山の表情を楽しみながらお使いいただけます。