前原光榮日傘折りたたみ

太陽のもとで輝くあなたに

繊細なレース模様が涼し気な気分にさせてくれる、綿の日傘。

中世のヨーロッパの王侯貴族の襟や袖口を飾ったのが始まりとされるトーションレースを柄の違う2種類をデザインに落とし込みました。エレガントながらもどこか清楚な印象を与えてくれる一品です。

好みが見つかる自分だけの手元

天然素材を利用した手元は傘のパーツの中でも最も長く持ち、傘を彩る重要なひとつです。

前原光榮商店では木製の手元を中心に、様々な素材が用意されています。それぞれに個性があり、素材ごとに違った経年変化を楽しむことができます。

取り扱について

使用時

・傘を開く際には2~3回手首をひねるようにやさしく振り、生地をほぐしてから開いてください。ほぐさずに開くと骨に負担がかかり破損の原因となります。

・杖替わりに使用しないでください。特に中棒に大きな負担がかかり破損の原因となります。

・使い始めは生地の張りが強い場合がございます。傘を閉じるときには上ハジキに指を挟まないよう、十分にご注意ください。

・中棒にテープが貼ってある場合がございますが、こちらは骨による傷を防ぐためのものです。

・防水加工は施しておりません。雨傘としては使用しないでください。

・レース部分は非常にデリケートです。引っかかるとほつれの原因となります。

・折りたたみ傘は、中棒を完全に引き出してから開いてください。

・褪色の少ない染色を施していますが、紫外線の影響で色が薄くなります。

 

保管時

・長期間傘を閉じたまま直射日光や室内灯の下に置いておくと、光が当たった部分だけが褪色いたします。長期間使用しない際は紙袋などでくるみ暗所で保管してください。

・基本的に水洗いはできません。