折燕 ORI-EN こだわり

高岡銅器の着色技術

「着色」とは、塗装ではなく、銅や真鍮が持つ腐食性を利用し、薬品や炎をコントロールして、鮮やかな色彩を発色させる伝統技術です。銅をはじめとする金属素材の腐食・錆びという特性を人為的に発生させ、独特の風合い、発色を生みだしています。また、着色はすべて手作業で行なっているため、溶液の垂れ具合や火入れの加減などにより様々な色味や柄が生まれます。

アルチザン

高岡銅器の着色技術

「着色」とは、塗装ではなく、銅や真鍮が持つ腐食性を利用し、薬品や炎をコントロールして、鮮やかな色彩を発色させる伝統技術です。銅をはじめとする金属素材の腐食・錆びという特性を人為的に発生させ、独特の風合い、発色を生みだしています。また、着色はすべて手作業で行なっているため、溶液の垂れ具合や火入れの加減などにより様々な色味や柄が生まれます。

アルチザン

金属加工技術に優れた燕三条

金属製洋食器を中心としたステンレス加工の技術に長け、その技術力の高さは世界に認められています。特に「製造の精密さ」となによりも「手触りの良さ」が特徴です。

アルチザン

金属加工技術に優れた燕三条

金属製洋食器を中心としたステンレス加工の技術に長け、その技術力の高さは世界に認められています。特に「製造の精密さ」となによりも「手触りの良さ」が特徴です。

アルチザン

伝統着色技法とステンレスの融合

錆びにくいステンレスに着色を施すのは至難の業とされていました。数年に渡って実験と研究を重ねた結果、表面に当社独自の特殊な発色処理を施すことで、燕三条の金属と高岡銅器の着色技法の融合が可能になりました。日本の伝統美と高級感を感じることのできる仕上がりです。

アルチザン

伝統着色技法とステンレスの融合

錆びにくいステンレスに着色を施すのは至難の業とされていました。数年に渡って実験と研究を重ねた結果、表面に当社独自の特殊な発色処理を施すことで、燕三条の金属と高岡銅器の着色技法の融合が可能になりました。日本の伝統美と高級感を感じることのできる仕上がりです。

アルチザン